Fire TV Stick

【私が選んだのはこっち!】後悔しないFire TV Stickの選び方!

Fire TV Stickは2種類あります。何が違うの?何がいいの!?私はさっぱりでした。無知でした。バカでした。そこで、調べまくりました。

結論、私は断然Fire TV Stick 4Kをおすすめします

理由は3つ。

  • 4K対応
  • ドルビーアトモス対応
  • 価格が前モデルよりぐっと下がった

この記事で分かりやすくまとめました。どっちのFire TV Stickがいいのか?今日ここで解決しましょう!

ルミ
ルミ
あなたはどっちのFire TV Stickがいいのか見ていくよ!

2機種あるFire TV Stickの違いは何?

Fire TV Stickのモデルは2種類あります。

  1. Fire TV Stick
  2. Fire TV Stick 4K

名前が似ていて分かりにくいですが、この2機種の違いは何なのでしょうか?

Fire TV Stick 2機種のスペックの違い

こちらの表を見てみてください。

  Fire TV Stick 4K Fire TV Stick
商品画像
価格 6980円 4980円
プロセッサ クアッドコア 1.7GHz クアッドコア 1.3GHz
GPU IMG GE8300 Mali450 MP4
ストレージ 8 GB
オーディオ Dolby Atmos
7.1chサラウンド対応
Dolby Audio
5.1chサラウンド対応
クラウドストレージ Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能 Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
4K対応 対応 非対応

こちらは2つの機種のスペック比較表になります。
ルミ
ルミ
専門用語多くてよく分からん。

これでは内容が難しくてよく分かりませんよね。
Fire TV Stickの2機種を比べる時に見てもらいたい違いはここです。

  Fire TV Stick 4K Fire TV Stick
商品画像
価格 6980円 4980円
オーディオ Dolby Atmos
7.1chサラウンド対応
Dolby Audio
5.1chサラウンド対応
4K対応 対応 非対応

価格、対応サラウンド、4K対応が、2機種を比べる時に見てもらいたい違いです。
では詳しく見ていきましょう!

Dolby Atmos対応はFire TV Stick 4K

Dolby Atmosや迫力ある7.1chサラウンドを聞くにはスピーカーやアンプなど、専用の機器が必要になります。Fire TV StickをTVで再生するだけでは体感できないので注意しましょう。

映画などの音声再生フォーマットで最新の技術、Dolby Atmos。これに対応しているのはFire TV Stick 4Kです。Fire TV Stickもサラウンド再生に対応はしているものの、Dolby Atmosには対応していません。対応サラウンドも5.1chです。

>>>Dolby Atmosの詳しい記事はこちら

Dolby Atmosを再生できるSTBじゃないと、迫力あるサラウンドは体験できません。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)で映画を見るならぜひ迫力ある映画館のような臨場感を味わいましょう。

STBって何?

STBとはセットトップボックスの略。今回紹介しているFire TV Stick 4KやChromecastなどVODを受信する機器などの事。

4K画質対応はFire TV Stick 4K

4K画質での再生は専用のTVが必要です。今となってはだいぶ普及してきた4Kテレビ。VODも4K画質に対応したコンテンツが増えてきています。Fire TV Stickの画質でも、はっきり言って充分綺麗ですが、4Kと比べると劣ってしまいます。

家電はどんどん進化していくもので、現在では4Kを超える8K対応のテレビも出ていたりします。
きっといつかは4Kも普通になる日が来るでしょう。4K対応TVも価格が下がってきました。

>>>4K対応TVを見てみる

あなたもいつ4K対応TVが欲しくなるか分かりません。

大は小を兼ねるです。
4K対応TVを買うチャンスが突然来てしまった時のために、4K対応のFire TV Stick 4Kを持っておくのがいいのではないでしょうか?

価格が下がったFire TV Stick 4K

前モデルのAmazon Fire TVの価格は8980円でした。Fire TV Stick 4Kは、このモデルが3代目のモデル。前モデルと比べると2000円も値下がりしています。

ちなみに初代モデルは11980円だったんだよ!
そ、それはちょっと高いな…!

スタンダードモデルのFire TV Stickは4980円ですので、今まで4000円あった価格差が半分の2000円差まで縮まりました。
映画の楽しさとリアリティが、この2000円の価格差でさらに広がるんです。

サラウンド、4K、映画を見るという点で圧倒的に優っているのはFire TV Stick 4Kです。

もう4Kモデルを選ばない理由がない!

というものの、やはり難点はあります…。

フル機能再生には環境が必要

ここまで私が超自信を持ち、映画見るなら買わない理由がない!とまで推しまくっているFire TV Stick 4Kですが、機能をフルで使うにはなかなかの高いお金を出して再生環境を整える必要があります。

4K対応テレビが必要

Fire TV Stick 4Kは、4K再生に対応しています。しかし、当然の事ながら4K対応のテレビで再生させなければ4K画質では再生されません。
以前と比べると比較的価格も下がり手にしやすくなりましたが、それでもわざわざ映画のために買うには高い買い物です。

>>>4Kテレビ、検索してみるか…。

サラウンド環境が必要

私は画質より音質重視です。なぜなら4Kじゃなくても充分綺麗だからです。(4Kを見れば考え変わると思いますが…。)

音は違います。テレビの2chで聞く音と、5.1chなどのサラウンドで聞く音では臨場感が全然違います。

Fire TV Stick 4KはDolby Atmos、7.1chサラウンドに対応しています。

この音響をフルで再生させるのはなかなか大変で、アンプ、スピーカーを揃えなければいけません。スピーカーと言っても、1個や2個ではありません。最低8個です。

>>>Dolby Atmosをもっと詳しく

この数のスピーカーを揃えるにはお金もかかります。スピーカーを設置できる広さの部屋も必要です。騒音も気にしないといけません。

対応作品はまだ少ない

Dolby Atmosや4K画質など、とてもすごい最新技術ですが、全ての作品が対応している訳ではありません。

はっきり言って、まだまだ少ないです。4KとDolby Atmosへの対応はこれからに期待しましょう。

どっちのFire TV Stickがいい?

あなたがこれから、どれだけ映画の臨場感、リアリティを求たいか?で決めてみましょう。私は集中して映画を見られるあの120分。その場にいるような感覚をより感じていたいので、私はFire TV Stick 4Kを選びました。

  • 今まで体験したことのない迫力
  • その場にいるかのような臨場感
  • 表情ひとつ見逃さない滑らか画質

このリアリティが自宅で味わえます。

こんなあなたはFire TV Stick 4K!

  • 長い間使っていきたい
  • 4Kテレビがある(欲しい、買う予定)
  • Dolby Atmos再生環境がある(欲しい、買う予定)

それでもとりあえず映画が見られればいいかなという場合はFire TV Stickです。

こんなあなたはFire TV Stick!

  • 目新しい商品はすぐ試してみたい
  • 音質、画質はほとんどこだわらない

音質、画質、それぞれ違いがあります。どっちのFire TV Stickにするか決める事はできたでしょうか?もし、どっちにするか決められていたらとっても嬉しいです。
ぜひ映画の臨場感を五感で体感してみて下さい。今までと全く違ってとても素晴らしいですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です