Amazonプライムでできる事

【Amazon プライムでできる事①】おまけレベルだけど侮れない。雑誌、書籍が読めるPrime Reading。

Amazonプライムは、VOD(ビデオ・オン・デマンド)を楽しむなら絶対に登録しておくべきサービスの一角です。

  • ネットショッピングをする
  • 注文した荷物は即ほしい
  • スマホに曲をダウンロードして聞きたい
  • 雑誌をスマホで見たい
  • 映画見たいけど借りに行くのは面倒くさい

さらに上記のような事をしたい場合は登録しておくべきです。(ほとんどの欲求を満たしてくれていますね・・・)

Amazonプライムは、登録するだけで送料が無料になる!即日配送になる!だけではありません。登録するとおまけと言っては大変恐縮な位の特典が付いてきます。しかも登録期間中ずっと使えます。

今回はその中から
雑誌や書籍が読めるAmazonプライム会員特典の【Prime Reading】を紹介していきます。

Prime Readingって何?

【Prime Reading】とは、Amazonプライム会員特典のひとつです。
数ある特典のうち、雑誌や漫画、書籍が、追加料金なしで読む事ができるサービスが【Prime Readhing】(一部有料の本もあります。)です。プライム会員特典のおまけレベルではありますが、なかなか侮れない注目すべき特典です。

Prime Readingは、AmazonプライムおよびPrime Studentの会員(いずれも体験会員を含む)を対象としたサービスです。

対象のKindleコンテンツ(本、雑誌、マンガ、Kindle Singles)を追加料金なしの読み放題でご利用いただけます。対象となるコンテンツは随時変更され、新しいコンテンツが追加される一方で、対象外となるコンテンツもあります。

引用:Amazon.co.jp

Prime Readingで見られる本の数

他の書籍サービスと比べて、Prime Readingの本の数は決して多くありません。見られる数は、書籍、雑誌、漫画の総数で約1000冊が目安です。この数お世辞にも多い、満足できるとは言えませんよね?しかしこのPrime Readingはいい所を突いてきます。

無料で見られる本は随時更新されているので、今まで読もうかどうか迷っていた本と突然出会う事があります。

他社サービスでは有料だった雑誌、書籍が、Prime Readingで検索かけたらまさかの読み放題・・・。嬉しいような悲しいような・・・。

私の場合、堀江貴文「多動力」がU-NEXTでは有料でしたが、Prime Readingでおすすめ紹介中で無料でした。
Prime Readingは、これ読みたかった!っていう所を突いてくるので、総数に関しては少なめですが、プライム会員おまけ特典としては侮れません。

Prime Readingを使う準備

Prime Readingを使うまでの手順!
  • STEP.1
    Amazonプライムに登録する
    Prime Readingはプライム会員の特典です。Prime ReadingはAmazonプライムい登録が前提のため、登録がまだの場合、まずはAmazonプライムに登録しましょう。
  • STEP.2
    専用アプリ【Kindle】をダウンロードする
    【Kindle】をダウンロードしなくても読める本はありますが、書籍は開けないのでダウンロードしておきましょう。

    Kindle

    Kindle

    AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

  • STEP.3
    アプリを起動する
    アプリを起動したらPrime Readingで読める本を探しましょう!

基本的にこの手順だけでPrime Readingで本を読む事ができます。しかし、注意したいのが、Kindleでただ検索しただけでは、無料で読める本以外もヒットしてしまうという事です。
では、無料で読める本、雑誌、書籍を探すにはどうしたらいいのでしょうか?

Prime Readingの無料で読める本を探す

Prime Readingを使う

基本的な操作はスマホもパソコンも一緒ですが、画面の見え方が違うため解説します。

スマホの場合
  • STEP.1
    Kindleを起動する
    ダウンロードしたKindleを起動し、【開始】をタップします。
  • STEP.2
    Kindleにログインする
    アカウントとパスワードを入れてログインします。(Amazonプライムに登録した時のメールアドレスとパスワードが必要です。)
  • STEP.3
    無料で読める本を探す
    Kindleを起動するとこのような画面になるので、赤丸の【Prime Reading】をクリック。
  • STEP.4
    読みたい本を選ぶ
    今回は「オレンジページ」を読んでみましょう。下にスクロールすると、おすすめの本や雑誌が表示されるので、お好みのものを選んでくださいね(*´꒳`*)
  • STEP.5
    【読み放題で読む】をクリック
    読みたい本を見つけたらクリックして、【読み放題で読む】をクリック。
  • STEP.6
    ダウンロードする
    本をクリックしたらダウンロードが始まるので、終わったら赤丸の【読み放題で読む】をクリック。
  • STEP.7
    読む
    あとは読むだけ。何冊かダウンロードしたものがあれば、トップ画面の赤丸、【ライブラリ】から本を選ぶ事ができます。
パソコンの場合

  • パソコンで使う場合も【Kindle】をインストールする
  • 本を選ぶのはPrime Readingのホームページから!読む時はKindleアプリから!


パソコンでPrime Readingを使う場合も【Kindle】はインストールしましょう。書籍はKindleアプリじゃないと開けません。パソコンでそのまま開くとKindle Cloud Readerという専用ビューアーが開くのですが、ページ送り毎に時間がかかるので非常に使い勝手が悪いです。

  • STEP.1
    Prime Readingのサイトへ行く
    サイトへ行ったら画面上部赤丸の【Prime Reading】をクリック。ここから検索する事で無料で読める本が表示されます。
  • STEP.2
    本をライブラリに追加する
    下にスクロールすると様々な本、雑誌、書籍が出てきますので、好きなものを探しましょう。お目当てのものが見つかってもクリックはしないでください。
    マウスポインターを本に合わせたら、【今すぐ読む】か【ライブラリに追加する】かの項目が出てきますので、【ライブラリに追加する】をクリック。
  • STEP.3
    Kindleを開く
    Prime Readingのサイトは閉じて、インストールしておいたKindleを開きます。すると、先ほどPrime Readingのサイトでライブラリに追加した本が表示されているはずです。
  • STEP.4
    ダウンロードして読む!
    あとは読むだけ!ライブラリにある本をクリックしたらダウンロードが始まるので、終わったらじっくりと読みましょう(*´꒳`*)

Prime Readingの注意点

登録できるのは10冊まで

Prime Readingは基本無料書籍のサービスですが、ライブラリに登録できるのは10冊までです。上限を超える場合その都度読まなくなった本を削除する必要です。といっても、削除して追加登録すればOKなのであまり問題ではありませんが。

無料書籍の見分け方

Prime Readingで検索しても、ごく稀に有料サービスに登録しなければ読めないものが出てきます。どれが無料でどれが有料かの判別は簡単です。

本の上に赤丸の【prime】というロゴがあれば無料です。それ以外は有料コンテンツとなります。青四角のkindle unlimitedは、書籍を読める別の有料サービスとなっています。

Prime Readingを使ってみて

まだ電子書籍というものに慣れていないからなのでしょうか?

やっぱり本物の本がいい!!

ずっと画面を見続けるのは目に悪い気がするし、やっぱり本をめくっていって1つ1つ物語を読み進めていく感覚が好きです。本を開いた時のインクの匂いも好きなんです。そういった感覚が全くの無機質な画面からは感じられないので、どことなくまだ電子書籍にはとっつきにくい感じがします。

でもいつかはきっと慣れてしまうんだろうなって思うんですよね。実際使ってみて、とにかく便利だった事には間違いありません。その便利さをいつかは求めて少しづつ電子書籍にシフトしていくんだろうなと・・・。

ずっと読もうかどうか考えていた本にも出会えるし、これ面白そうだなっていう本も見つけられる。しかもそれがAmazonプライムに登録していれば無料で読めてしまうのだから、雑誌の量では楽天マガジン
に負けるけど、おまけ特典としてならば十分な特典だと思います。

合わせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です